? 主な特色|新潟県立阿賀黎明高等学校
学校案内

特色

望ましい生徒像の具現のため、以下の特色ある教育課程を実施しています。

@単位時間の弾力的運用

・一単位時間47分、一日7限として、週35時間を実施する。
・年間1225時間の授業時数を実施し、学力向上を図る。

詳しく見る

【ねらい】

学校5日制の導入により、年間の授業日数が少なくなった。各校で検討された主な対応策は、次の3つである。

・50分授業はそのままにし、どこかで7限を実施する。
・1単位時間の授業を長くし、6限のままで時間を確保する。
・1単位時間の授業を短くし、7限を実施することで授業時数を確保する。

 本校では,3番目の「1単位時間の授業を短くし、7限を実施することで授業時数を確保する」方法を選んだ。具体的には、1単位時間を47分とし、1日7限授業をすることで、「47分×7時間×5日=週35時間」を確保した。これにより、授業時数を減らさずに授業を行うことを「ねらい」として取り組んだ。期待した効果は、「基本的な授業が可能な限り毎日あることによる高い学習効果」である。この取り組みでは、「50分×6時間×5日=週30時間」よりも5時間多く授業することができる。

【実際】

 当初、45分授業から47分授業に変化したので、少々戸惑いがあったが、集中力を持続させるにはちょうど良い時間であるため、生徒もすぐ慣れたようである。2分増えたことで、年間の授業日数を確保することができた。

A少人数授業やティームティーチングの実施

・コミュニケーション英語、英語会話、数学はクラスを半分に分けて、個に応じた教育で、
 学習内容の定着と応用力の育成を図る。

詳しく見る

【コミュニケーション英語、英語会話】

 1クラスを分割し授業を実施することで、生徒一人あたりの、発話の機会、教師の指導時間が増えることになる。また、コミュニケーション活動での口頭練習においては確実に練習に参加することができ、その様子を教師が観察しやすい。また一つの活動が素早く終わり、その後の確認や発展学習活動へ時間を利用することができる。
 教師にとって担当する生徒数が少ないため、単語テスト、プリント指導などを頻繁に行っても負担にはならないので、生徒に対してきめ細かな多くの指導が可能となる。授業中も一人ひとりに目が行き届きやすく、わずかな学習のつまづきにすぐに気づくことができ、それを全体にフィードバックし、理解を深めることができる。
 英語会話の時間では口頭での言語活動が中心となるために、少ない人数で行うことが理想であり、一人あたりの発話時間が多くなるのが少人数指導の利点である。また、なかなか発言しようとしない生徒に対しても、少ない人数の前なら恥ずかしがらずに発言できるといった利点があげられる。

【数学】

 数学は、個人の習熟度の差が大きい教科である。通常の一人の教員が行うクラス単位の一斉授業では、それになかなか対処することもできない。それを解消する手段として、クラスを2分割した少人数授業を実施することとした。これによって一人の教員の守備範囲を狭く深くし、一人一人、またその集団によりふさわしい授業を組み立てられるようにし、同時に生徒の個々の習熟度にある程度対応できるようにすることができると考えた。目標は「わかるまで、ゆっくりと、ていねいに」である。

Bボランティア活動の実施

・ボランティア活動の実施

詳しく見る

【ねらい】

 奉仕活動やボランティア活動では、たくましく豊かな心の育成をねらいとする。人間的な触れ合いの中から生まれる協調性や忍耐力などを養い、本校の目標とする学力向上とともに、自主性や社会性などを身につけた、バランスのとれた人材育成を目指している。

<麒麟山・町内清掃(全員参加)>
 5月に全校生徒で学校周辺、町内、麒麟山の登山口、常浪川河川敷の清掃活動を行った。クラスごとに分担した清掃場所を掃除する。活動時間は2時間程度とし、地域の美化を推進するとともに町の人への挨拶を心がけるよう呼びかけた。

Cスクールスポーツの実施

・スクールスポーツであるボートを、生徒全員に体験させる。

詳しく見る

【ねらい】

平成5年に第1回阿賀野川レガッタ(東蒲原郡主催)が開催されたのを機に、本校でも第1回校内レガッタ(平成10年からクラス対抗レガッタと改称)が実施された。記念すべき10回目となった平成14年度は、中高一貫教育校になって初めての大会で、ボートがスクールスポーツに位置づけられた。
 中高連携委員会を中心に,それまでの活動を基にしながら,活動の骨子の再検討・改善を行い、以下のねらいで取り組むこととした。

・ スポーツを通じて、運動することの楽しさや喜びを味わうと共に、健全な心身を育成する。
・ 自然と対峙することで、自然を慈しむ心を育成する。
・ ボートというスポーツが自然状況によって大きく影響されることを学び、
  安全に留意する心を育成する。
・ クルーの一員として、他者と協力する姿勢を育成する。